1. ホーム
  2. テクノロジー
  3. 連載コラム
  4. Technology to the Future
  5. 第12回

Technology to the Future 第12回 僕たちはこれから、ロボットに「調和」を求めて生きてゆく

テクノロジー 森 旭彦 2016年06月10日

 誰しも日常の中で、ふとした心地良い瞬間に出会うことがある。
 それは名前も知らない音楽に耳を傾けたとき、
 あるいはテーブルの一輪挿しにいけられていた、家族の誰かがつんできた野花を見たときかもしれない。
 日常の心地良さは私的で、静かなものだ。

 ロボットはこれからの未来、生活のパートナーとして、私たちの日常で共存することになると考えられる。
 彼らは朝食を食べる私たちの近くで電気を蓄えて動き、
 私たちが頭を悩ませているとき、人工知能で生み出した最適解を涼しげに提示する。
 そんなロボットが、私たちの日常の風景の一部になるために必要なこととは、何だろう?
 そして彼らは私たちにとってどんな存在になってゆくのだろう?

 家庭用ロボットのデザイン・開発を行う「フラワー・ロボティクス」CEO、松井龍哉氏が2017年に向けて発表するロボット「Patin」で提示しようとしている答えは、人との「調和」だった。今回はロボットデザイナーとして16年間、人とロボットの関わり方を見つめてきた松井氏の知見から、これからのロボット像を紐解いてみたい。

フラワー・ロボティクスのオフィスの一角にて。一見マネキンのオブジェのようだが、印象的な関節部分は可動式だ。実はこれ、ロボットなのだ。その名は「Palette」。世界中のショールームのマネキンをロボットに置き換えるというイノベーションをテーマとして生み出された。複数の人感センサーを持ち、人の位置を把握して、認識と学習を繰り返してポーズをとることができる。

「驚き」のない「驚き」を発明する

 少しトリッキーな見出しで始めよう。

 「ロボット」と耳にしたとき、私たちの多くはアニメや映画に出てくるロボットを思い出すことだろう。映画『スター・ウォーズ』に登場するドロイド「R2D2」や鉄腕アトム、ドラえもん、ガンダム、エヴァンゲリオンなど、世代を超えて愛されるロボットの数々が頭に浮かんでくる。

 体験こそさまざまだが、ロボットと耳にしたときに私たちが共通して期待するイメージは「驚き」だ。ロボットが私たちと同じように2本足で歩く姿、人とユーモアを交えてコミュニケーションをとる姿、ときには人類の敵を打ち倒す姿に、私たちは驚きを受ける。そして「ロボットとは驚きを与えるものだ」という印象を持っている。
 しかしそれは、ロボットがまだ私たちの多くにとって非日常の存在だからだ。日常で生活をともにするロボットが社会に普及する未来、私たちは彼らに驚きを求めているだろうか?


  • 松井氏:

    私たちフラワー・ロボティクスが目指しているロボットは、人の生活に根ざし、その存在にさえ気づかれないほど自然に使われるような家庭用ロボットです。
    そのコンセプトとして”Make Your Nature”というビジョンを掲げています。

    たとえば私は車が好きですが、新しい車を買ったときはいつもの通勤時間ですら特別な、非日常のドライブになります。しかし10日ほど経てば“新車の感覚”は解け、ずっと欲しかった夢の車は日常の移動手段になってしまいます。モノから目的に意識が移るのです。それは自然なことで、明確な目的がないものは最初のインパクトが大きいほど、すぐに飽きて使わなくなってしまうというのが人の常なのです。

    こうした、時間が経つとともに飽きられてしまう機能やデザインを持ったロボットは、たとえそれらが魅力的な「驚き」を持っていたとしても、人と日常の中で共存し、ともに新しいライフスタイルを築いてゆくことを計画として持てていないと考えています。

 自宅で過ごす日常は“ショー”ではない。仕事から離れて自分を取り戻す場所であり、個を保つ重要な空間である。
 フラワー・ロボティクスの発明は、「驚きがない」という「驚き」を持ったロボット。動的な社会への関わりから離れた静的な時間を過ごしたい場所で、人と調和し、新しいライフスタイルを築いてゆくという、静かな驚きをつくるのだ。


  • 松井氏:

    私は「サイレント・イノベーション」という言葉で表現していますが、驚くべき発明も、社会に普及するためには、ある意味で“静か”なイノベーションという過程が必要なのです。

    たとえばライト兄弟が飛行機を発明したことは大きな驚きですが、飛行機の技術を世界に普及させた人々の途方もない努力にも目を向けてみると、驚きに満ちています。彼ら名も知れぬ多くの人々の努力と知恵によって、今、「来週、東京からニューヨークへ行く」ことが確実に可能になっている。これこそが人類全体を進歩させているイノベーションなのだと僕は思います。
    産業革命、情報革命を経て生まれたこれからの家庭用ロボットに必要なのは、一時の驚きだけではなく、人類の科学の資産を活用しながら人の生活に調和し、家庭へ普及する機能・デザインなのだと感じます。

 花を見つめていると、人は自ずと心が穏やかになる。たとえそれが名もない花であったとしても、そこに宿る自然の摂理に、人は心を和ませる。そんな目線で見つめられるロボットを社会に普及させること。それがフラワー・ロボティクスの名前の由来であり、目指す事業なのだという。


松井 龍哉(まつい たつや)氏
1969年東京都生まれ。ロボットデザイナー。2001年、フラワー・ロボティクス社を起業する。「ロボットを日常の風景にする」ことを経営・技術開発のビジョンとして掲げ、フラワーガールをデザインコンセプトとしたロボット「Posy」をはじめ、ショーウィンドウで活躍するマネキンをロボット化した「Palette」などを生み出し、グッドデザイン賞、iFデザイン賞などに輝く。



  1. 1
  2. 2
  3. 3
この記事の評価
現在の総合評価(5人の評価)
4.0
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この記事に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

  • mamedonさん

    テクノロジーの進化により、人間にとって有益なロボットが開発・活用されるのは良いことだと思う反面、過度な依存とか軍事ロボットなどという、望まない副産物を生み出す可能性も懸念される。(軍事を民事に転用が通例か?)

    ロボットが人類に取って代わり、理想の地球がよみがえったなどと言う事態が訪れない事を祈ります。

    2016年06月15日 13:46

  • 2e0l6さん

    ロボットの未来形楽しいですね!

    2016年06月13日 10:31

コラムニスト・プロフィール

森 旭彦もり あきひこ

1982年京都生まれ。2009年よりフリーランスのライターとして活動。主にサイエンス、アート、ビジネスに関連したもの、その交差点にある世界を捉え表現することに興味があり、インタビュー、ライ ...

プロフィール詳細



バックナンバー一覧を見る


Copyright ©NEC Corporation 1994-2017. All rights reserved.