1. ホーム
  2. テクノロジー
  3. 入門&実践コラム
  4. やさしくわかる「身近なIT」
  5. 第6回

やさしくわかる「身近なIT」 第6回 高性能なコンピューターを、必要なとき必要なだけ利用 -クラウドコンピューティング

テクノロジー 金子 浩美 2010年03月29日

 最近「クラウド」とか「クラウドコンピューティング」という言葉を聞いたことはありませんか? 「クラウドコンピューティング」(略してクラウド)は、コンピューターの新しい運用形態として、最近注目を浴びています。

 クラウドを活用することにより、私たちは、高性能なコンピューターを、インターネットさえあれば、どこからでも利用できます。さらに、作成したデータやファイルの共有が容易になるだけでなく、一人で作業する場合でもデータなどの持ち運びを考える必要がなくなります。もちろん、クラウドを導入すれば、企業にとっても大きなメリットが生まれます。

 そこで、連載の第6回では、クラウドコンピューティングについて探ってみましょう。

 ところで、本文に進む前に、少しだけクラウドについて考えてみませんか? 以下の3問の答えを考えてみてください。正解がわかったときには、クラウドの素顔が少し見えてくると思います。

■問題1:「クラウドコンピューティング」の「クラウド」とは、雲を意味します。では、なぜ雲なのでしょう?
(1) クラウドコンピューティングに使う機器が雲形をしているから。
(2) クラウドコンピューティングの仕組みが、まるで雲の中にあるように、利用者からは見えないから。
(3) コンピューターを雲のように自由自在に変形できるから。

■問題2:クラウドの特徴でないものは、次のうちどれでしょう。
(1)高性能なコンピューターを利用できる。
(2)インターネットに接続できれば、どこからでも利用できる。
(3)利用にあたっては、専用の機器が必要。

■問題3:クラウドによって提供されていないサービスは、次のうちどれでしょう。
(1)DVD作成
(2)メール
(3)営業日報

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
この記事の評価
現在の総合評価(1人の評価)
3.0
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この記事に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

コラムニスト・プロフィール

金子 浩美かねこ ひろみ

1980年代後半から2000年頃まで情報端末、携帯電話、デジタルカメラなどの取扱説明書を中心に執筆を行う。 2000年に入ってからは雑誌の記事執筆が中心となる。 2004年からRFID ...

プロフィール詳細



バックナンバー一覧を見る


Copyright ©NEC Corporation 1994-2017. All rights reserved.