1. ホーム
  2. テクノロジー
  3. 入門&実践コラム
  4. 情報セキュリティ基礎講座
  5. 第6回

情報セキュリティ基礎講座 第6回 ソーシャルメディアの落とし穴 マナー違反、個人情報漏えいなどに注意

テクノロジー 岩元 直久 2012年07月17日

ネットを介して多くの人とコミュニケーションを取れるSNSの人気が高まっています。中でも、TwitterやFacebookなどのSNSは、ネット上で気軽に友人とコミュニケーションを楽しめるだけでなく、新しい友人の広がりを求めることもできるため、国内でも多くの人が利用しています。

 便利で楽しいSNSですが、たとえてみれば“インターネットの大海”の中にあるサービス。安全な海水浴場で泳いでいたつもりが、気づかないうちに大海原に泳ぎ出てしまい、波にさらわれたりサメに襲われたりする危険性をはらんでいます。

 SNSは必要以上に不安を感じてもいけませんが、危険を知らずに不用意な使い方をするとリスクが高くなります。「情報セキュリティ基礎講座」最終回の今回は、SNSにどのようなリスクがあるのか、どのような点に注意すればいいのかをセキュリティの観点から見ていきましょう。


あなたの発言は、いつも誰かに見られている

 SNSを始めると、さまざまな人々とのコミュニケーションが深まります。自分の発言に多くの人から反応があると、投稿するのも楽しくなりますし、もっと頑張って書き込みしようと思うようになりますよね。

 パソコンだけでなくスマートフォンから気軽に発言したり、写真をアップしたりできるSNSを普段から利用していると、SNSが身近な友人とのおしゃべりの場のように感じられることもあるでしょう。日常の何気ない話題や感じたことなどをネットでつぶやくのは楽しいものですが、その発言が実は多くの人に見られているということを意識しましょう。

 SNSの1つであるTwitterについて、考えてみましょう。あなたがつぶやいたツイートは、Twitterの中で公開されます。それだけでは何も起こりませんが、誰かが検索したキーワードとあなたのつぶやきが一致すれば、検索結果に現れます。そしてあなたの友人だけでなく、あなたのツイートに興味を持った人があなたをフォローすると、その人たちのTwitterの画面に、あなたの新しいツイートが表示されるようになります。

 Twitterの面白いところは、フォローするときに相手の承認が不要なことです。だから見ず知らずの人でも、同じ趣味を持っている人のツイートをフォローして楽しむことができます。つまり、あなたが友だちに向けて個人的につぶやいているつもりのツイートを、見知らぬ誰かがずっと見ている、ということもあるのです。

 もう1つTwitterの特徴は、リツイート(RT)という仕組みを持っていることです。自分のツイートに友人のAさんが共感し、コメントを追加したりして再度Twitterに投稿するものです。リツイートの仕組みを使えば、ある情報を急速に広めることができます(これを「拡散」といいます)。災害時の緊急情報などがTwitter上で素早く共有されたことは記憶に新しいところです。

 一方で、リツイートは知らない人にまでどんどん情報を伝達する力にもなります。例えば、自分のフォロワー(フォローしている人)が10人だったとしましょう。自分のツイートはその10人にしか伝わらないと思い、身内のおしゃべりのつもりでつぶやいたとします。

 しかしフォロワーの一人Aさんが自分のツイートに対してリツイートしたとします。Aさんが実はTwitter上での人気者で、フォロワーが3000人いたとしたらどうでしょうか。Aさんによってリツイートされた自分のツイートが、3000人に届く可能性があるのです(図1)。自分のちょっとした発言が、こんなにも広まってしまうのです。



図1

 Twitterに限らずSNSに投稿した内容は、一般に広く知れ渡る可能性があります。このことを知っておくだけでも、情報セキュリティに関する意識が高まり、自分や自分の周りの人の情報を守ることにつながります。

 SNSによっては、投稿内容を一部の人限定で公開するよう制限できる場合もあります。本当に身内だけの閉じたコミュニケーションを楽しみたいのなら、世界への広がりよりも安全性を重視して限定した公開にすることも考えましょう。



  1. 1
  2. 2
  3. 3
この記事の評価
現在の総合評価(2人の評価)
4.5
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この記事に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

  • マーチさん

    大変参考になりました。

    2016年08月16日 11:22

コラムニスト・プロフィール

岩元 直久いわもと なおひさ

日経BP社で通信・ネットワーク、パソコン、モバイル分野を中心に記者、デスクを歴任。2010年にフリーランスのITジャーナリストとして独立し、パーソナルユースから業務システムまでITトレンド ...

プロフィール詳細



バックナンバー一覧を見る


Copyright ©NEC Corporation 1994-2017. All rights reserved.