1. ホーム
  2. スキル・キャリア
  3. 連載コラム
  4. 今からでも間に合う!やり直し英語レッスン
  5. 第3回

今からでも間に合う!やり直し英語レッスン 第3回 イメージで覚える前置詞の使い方

スキル・キャリア 伊東 裕子 2014年11月21日

「英語はもうかなり話せるようになった!」という人でも、前置詞の使い方を完全にマスターしていない、なんてことが多いはず。今回は、英会話でもっともよく使われる6つの前置詞それぞれの使い方を、イラストとイメージで覚えていきましょう。最後のテストで前置詞の使い分けが出来るかどうかをしっかりチェックすることもお忘れなく!

(1)at~狭い「エリア」や限られた「点」を表す!

atのおもな使い方~「時間」


The train will leave the station at three.
電車はその駅を3時に出発します。

「3時」「深夜0時」など、特定の時間を示すためによく使われる。in the afternoon(午後に)など、比較的広い範囲での時間帯にはatは使われないので注意しよう(at night[夜の間]のみ例外)。年・月・日なども広い範囲を示すためatは使われない。


atのおもな使い方~「場所」

Shall we meet up at the shopping mall in the afternoon?
午後にショッピングモールで待ち合わせしましょうか?

「ショッピングモール」「駅」「勤務先」など、限定された場所にいる場合に使われる。また、atを使った際には、その場所で「何をしているか大体想像できる」という特徴もある。(例:I’m at the station. 駅にいます[電車に乗ったりすることが想像できる]。I’m in Germany. ドイツにいます[何をしているのか必ずしも想像できない])。あわせて覚えておこう。


atのおもな使い方~「状態・価格など」

I just bought a cute skirt at half-price.
可愛いスカートを半額で買ったばかりです。

はっきりと価格が分かっている場合などによく使われる。また、The car was running at 60 km per hour. (その車は時速60キロで走っていた)のように、速度にも用いられる。どちらの場合も数値や程度が明確になっていることが多いのが特徴だ。


He is at risk of being fired.
彼は解雇される危険があります。

atの後に名詞形の単語がついて「状態・状況」を表すことがある。

(2)in~ある範囲の中に存在している状態を表す!

inのおもな使い方~「人や物の居場所」


We found a small kitten in a box in front of our house.
家の前で箱に入った小さい猫を見つけました。

box(箱)のように限られた空間の中に何かがあるという状況を言う際にinは使われることが多い。I’m in my room.(私は自室にいます)などのように、仕切られた空間をイメージしてみると分かりやすい。


inのおもな使い方~「時間」

In the summertime, we tend to get thirsty easily.
夏は喉が渇きやすい。

限定的な意味を持つatと違い、inは比較的広い範囲の時間枠に対して使われる。Why don’t we go for a walk in the afternoon? (午後に散歩に出かけませんか?)、I graduated from college in 2011. (2011年に大学を卒業しました)のように一定の時間の範囲を想像して使っていこう。


inのおもな使い方~「洋服」

She looked stunning in her swimsuit.
水着を着た彼女はとても美しかったです。

洋服について英語で話す際、wear(着る)という単語を使う日本人が多いが、それは「着る」という動作のことであって、すでに「着ている」状態の時にはinを使って表すことが多い。She’s dressed in a blue suit. (彼女は青のスーツを着ている)のように動詞dressとあわせて使われることもある。


inのおもな使い方~「状態」

I need to see those files in right order.
それらのファイルを正しい順番に見たいのです。

ある状況・状態の中に表すことために使われるin。この形で使われることは非常に多い。まとめてイディオムとして覚えられている表現がほとんどだが、I’m in charge of this task.(この業務の責任者は私です)、I’m in the middle of something. (今忙しくて手が離せない)のように、「ある範囲での状況・状態を表す」ためにinが使われているのだと覚えておけば、前置詞の誤りは少なくなる。

(3)on~何かに触れていることを表す!

onのおもな使い方~「場所・位置」

The book was on the desk.
その本は机の上にありました。

「~の上にある」という意味で使われると思われがちなonだが、必ずしも上記のように、何かの「上」にあるとは限らない。たとえば、We read the notice on the wall. (壁にかかったお知らせを読んだ)のように、どこかにかかっていたり、on the bottom of…(~の下に)のように何かの下の場所を表すこともある。大切なのはonを用いた場合、その物は必ず何かに接しているということだ。


onのおもな使い方~「移動手段」

When he called me, I was about to get on the airplane.
彼が電話してきた時、飛行機に乗るところでした。

「~に乗る」という際によく使われるon。特に、公共機関や大型の乗り物などに対して使われることが多い。また、すでに「車内」にいると言う場合には、「そのエリアに自分がいる」という状況を示すため、I was already in the car. (私はすでに車の中にいました)のようにinが使われる。


onのおもな使い方~「時間・時期」

I’d like to take her out on this Saturday.
土曜日に彼女を誘いたいのです。

限定された時間を表すat、ある程度広い時間枠を表すinに対し、onは特定の時期や時間、日程について話す際に使われる。My birthday is on August 25. (私の誕生日は8月25日です)、I always visit my mother-in-law on Mother’s Day. (母の日にはいつも義母を訪ねています)などように使われるので、それぞれの前置詞と区別して使うようにしよう。


onのおもな使い方~「テーマ」

I saw the documentary film on rescuing the victims of the tsunami.
津波の被害者を救出するドキュメンタリー映画を観ました。

「~について」という意味でonが使われることがあり、He wrote an article on philosophy. (彼は心理学について記事を書きました)などと言うことが出来る。



  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
この記事の評価
現在の総合評価(11人の評価)
4.9
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この記事に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

  • さべさん

    前置詞はいつも悩んでしまうので、指針となる定義がわかってよかったです。
    最後の例題を何度か繰り返しやって、問題の文章ごと覚えるようにしたいです。
    ちょうど気になっている情報を得られてよかったです。ありがとうございました。

    2014年11月25日 19:40

コラムニスト・プロフィール

伊東 裕子いとう ゆうこ

1972年愛媛県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社アルクにて月刊誌『English Journal』の編集に携わった後、フルブライト奨学生としてボストン大学院プリント・ジャーナリズム学科修 ...

プロフィール詳細



バックナンバー一覧を見る


Copyright ©NEC Corporation 1994-2017. All rights reserved.