1. ホーム
  2. スキル・キャリア
  3. 連載コラム
  4. 今からでも間に合う!やり直し英語レッスン
  5. 第19回

今からでも間に合う!やり直し英語レッスン 第19回 ひとつ上行くビジネス英会話フレーズ!

スキル・キャリア 伊東 裕子 2016年06月03日

ビジネス英語を色々覚えても、実際の場面ではなかなか言葉が出てこないということは誰にでもあるはず。今回は、特に「ビジネス英会話」において、こんなひとことを添えることが出来たら、相手が「おっ、この人仕事が出来そうだな」という印象を受けるフレーズや英単語をご紹介します。普段のビジネス英語にプラスアルファしてぜひ使ってみてください。

ひとつ上行くビジネス英語フレーズ(前編)

(1)Are you being helped? ご用件は承っておりますか?
Excuse me. Are you being helped?
(失礼いたします。ご用件は承っておりますでしょうか。)



(2)be expecting you ~がお待ちしております
You must be Mr. Kawakami. Ms. Takagi is expecting you.
(川上様でいらっしゃいますね。高城がお待ちしております。)


(3)be with you soon すぐに参ります
Please have a seat. He will be with you soon.
(どうぞお座りになってください。彼はすぐに参ります。)


(4)give a tour of~ ~を案内する
I will give you a quick tour of our office.
(社内を少しご案内しますね。)


(5)have a thorough knowledge of~ ~に精通する
This is Kanako. She has a thorough knowledge of our company.
(こちら、カナコです。彼女はわが社の事情に精通しています。)


(6)line of business 業界、業種、取り扱い品
I have to say I have little experience in this line of business.
(残念ながら、この業界での経験はあまりありません。)


(7)hear a lot about~ ~についてよく聞く
I’ve heard a lot about you. Great to see you.
(お噂はよく伺っております。お会いできてうれしいです。)


(8)get used to~ ~に慣れる
I hope I will get used to things around here soon.
(この場所に早く慣れることが出来るよう願っています。)


(9)not to mention~ ~は言うまでもなく
as far as ~goes ~に関する限り、~に限って言えば

He has always been good to us as far as business goes, not to mention friendly.
(彼はビジネス上でとても我々によくしてくださいますし、何よりとても親しみやすい方なんです。)


(10)be tied up 忙しい
I’m sorry to have kept you. I was tied up in a meeting.
(お待たせして申し訳ありませんでした。会議でバタバタしておりました。)


(11)Got a second? ちょっといいかな?
Got a second?I need to talk to you about next meeting.
(ちょっといいかな? 次回の会議について話したいことがあるんだけど。)



(12)far from it とんでもない、それどころか
“I’m sorry, I hope I’m not interrupting you.” 申し訳ありません、お邪魔でなければいいのですが。
Far from it! I was just about to go out for lunch.”
(とんでもありません! ちょうど昼食に出ようとしていたところです。)


(13)stop by 立ち寄る
Can you stop by my office later?
(後で私の部屋に来てもらえますか?)


(14)be concerned about~ ~を懸念する
Is there anything to be concerned about?
(何か懸念事項はありますか?)


(15)call in sick 病欠の連絡をする
“I wonder why Tomomi is so late today.”
(なんで今日トモミはこんなに遅れているのかしら?)
“Oh, I forgot to tell you. She called in sick this morning because she has a fever.”
(ああ、伝えるのを忘れていたよ。今朝彼女から病欠の連絡があった。熱があるそうだ)



  1. 1
  2. 2
  3. 3
この記事の評価
現在の総合評価(6人の評価)
4.8
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この記事に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

  • 英国かぶれさん

    gung-hoはあのガンホーかな。フレーズの寿命も短そうね。

    2016年06月15日 13:16

  • ごっそさん

    忘れていた英会話を思い出している。

    2016年06月06日 21:19

  • Aochanさん

    今までの経験では慣れが必要、中々すぐには出てこない。

    2016年06月06日 10:06

コラムニスト・プロフィール

伊東 裕子いとう ゆうこ

1972年愛媛県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社アルクにて月刊誌『English Journal』の編集に携わった後、フルブライト奨学生としてボストン大学院プリント・ジャーナリズム学科修 ...

プロフィール詳細



バックナンバー一覧を見る


Copyright ©NEC Corporation 1994-2017. All rights reserved.