1. ホーム
  2. スキル・キャリア
  3. 連載コラム
  4. 今からでも間に合う!やり直し英語レッスン
  5. 第9回

今からでも間に合う!やり直し英語レッスン 第9回 あなたは大丈夫?日本人が間違えやすい英語

スキル・キャリア 伊東 裕子 2015年08月07日

「英語はもうかなり話せるようになった!」という人でも、その英語が完璧かどうかと聞かれたら自信が揺らいでしまうはず。そこで今回は、日本人がつい間違えがちな英語表現を集めてご紹介します。「こんな簡単なの知ってるよ!」と言う人も、まずは英文を見てどこが間違っているか考えてみてください。

In the Office(オフィスで)

シーン1

目をかけていた部下が、多忙な自分を見て締め切りよりかなり早くデータをまとめてくれた。ありがたいと思ったあなたは…。


部下  I just sent the data to your computer. Could you check it later?
  データをPCに先ほど送っておきました。後でチェックしてもらえますか?
あなた You’ve already finished it?
  もう終わらせたのかい?
部下  You looked busy and I thought it might help you a bit.
  お忙しそうでしたし、少しでもお役に立てばと。
あなた Thank you! It’s so kind of you.
  ありがとう!なんて親切なんだ。

仕事を頑張るのは「親切」ではない

日本人はこうした場面でよくkind(親切)、thoughtful(思いやりのある)などを使ってしまうことが多い。しかし、職場で仕事を早く終わらせた部下は「優秀」ではあっても「親切」なわけではないというのが英語圏の考え方。もしこれが、上司の体調が悪くて薬を買ってきてくれたなら「親切」「優しい」は当てはまる。ここは、Thank you. You’ve done an amazing job!(ありがとう。素晴らしい仕事ぶりだね)などとほめておこう。

シーン2

部長とのミーティング。一生懸命説明しているつもりが、だんだん上司の機嫌が悪くなって…?


あなた So, you see, our company’s policy is to please our customers.
  ですから、つまり、わが社のポリシーは顧客を喜ばせることですし。
部長 : Uh-huh.
  ふむ。
あなた: And, you see, that’s why our department put so much budget on customer services.
  ですから、つまり、そのためにわれわれの部署はカスタマー・サービスの予算を多く取っているわけですね。
部長  ...Yes, I already know that.
  ああ、知ってるけどね。

you seeは知らないことに対して使う表現

直訳すると「見えますか」となるyou seeは、説明している内容を知らない相手に対して「つまり~というわけなんです」というニュアンスで使う。すでに知っている事柄についてこの表現を使われると、「馬鹿にされているのか」と話し相手をイライラさせてしまうので要注意。お互いが知っていることについて話しているなら、as you know,(知ってのとおり)を使おう。

シーン3

今日は私用があり早退。外に出たところで取引先の担当者から電話がかかってきて…。


取引先 Hi, I wonder if you’ve already read my e-mail about the project.
  こんにちは、プロジェクトについて送ったメールを読んでいただけたか確認したかったのですが。
あなた Oh, Mr. Williams, I am sorry, but I’ve already left office.
  ああ、ウィリアムさん、申し訳ないのですが、もう退職してしまったんです。
取引先 ...Excuse me?
  …なんですって?

「退社」と「退職」の違い

日本語でもかなり近い「退社」と「退職」の表現の違い。英語では、「会社を出る」ときはleave the office、「会社を辞める」ときはleave officeと、冠詞のあるなしで区別する。また、leave of absence(休暇、休職)もよく使われる表現なので、あわせて覚えておこう。



  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
この記事の評価
現在の総合評価(15人の評価)
4.2
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この記事に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

  • さん

    「間違えやすい英語」⇒「間違いやすい…」ではないですか?日本語をしっかり勉強しましょう。

    2015年08月19日 09:53

  • ytさん

    解り易い

    2015年08月18日 22:26

  • アッサムティーさん

    ビジネスだけでなく普段使いの言い回しが勉強になりました。

    2015年08月18日 08:39

  • サラカナさん

    自分も言ってしまいそうな、誤りがありました。

    2015年08月17日 13:27

  • OMさん

    秋のセミナーの時に本にして配ってもらえると良いです。ぜひ貰いたい。

    2015年08月17日 08:41

コラムニスト・プロフィール

伊東 裕子いとう ゆうこ

1972年愛媛県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社アルクにて月刊誌『English Journal』の編集に携わった後、フルブライト奨学生としてボストン大学院プリント・ジャーナリズム学科修 ...

プロフィール詳細



バックナンバー一覧を見る


Copyright ©NEC Corporation 1994-2017. All rights reserved.