1. ホーム
  2. スキル・キャリア
  3. 連載コラム
  4. 今からでも間に合う!やり直し英語レッスン
  5. 第7回

今からでも間に合う!やり直し英語レッスン 第7回 基本動詞でナチュラル英会話

スキル・キャリア 伊東 裕子 2015年04月10日

「中学英語さえ出来れば英会話は簡単」なんて言葉を聞いたことがないでしょうか。それはウソではありません。実際、英語圏の人たちの多くは簡単な単語、特に簡単な「基本動詞」を使って毎日会話しています。この「基本動詞」としてよく使われる12の動詞を使いこなすことが出来れば、あなたの英会話はぐっと自然になるはず。基本動詞の使い方をマスターするために重要なのは、それぞれの単語が持つ「役割」をイメージすること。基本動詞を使った英熟語とともに、覚えてみましょう。

getとtakeの役割をイメージしよう

(1)get ~に達する、~に状態を変える

I have a headache. (頭痛がする)と、I get a headache from drinking too much.(飲み過ぎて頭痛がする)の違いに注目。haveやbeに比べ、「状況を変える、何か新しいものを手にする、どこか(状態、場所)に達する」時に使われるのが動詞getと覚えよう。

例:

Could you get me a paper napkin?
紙ナプキンを取ってくれませんか?


I got the feeling that he may not like me.
彼は私のことが好きじゃない気がする


How long does it take to get to the station?
駅に着くまでにどれくらいかかりますか?


I got goose bumps while watching the horror movie.
ホラー映画を観て鳥肌が立った


(2)take つかんで動く

I have a wallet. (財布を持っている)とI took my wallet and left home. (財布を持って家を出た)の違いに注目。takeは「物を手に取って動かす、情報や物事を受け取る、時間や人が動く、物事を選択する」時に使われる。どの意味で使われる時でも、イメージするのは「自ら選択して行っている」ということ。

May I take your coat?
コートをお預かりしましょうか?


It takes three hours to finish this assignment.
この課題を終わらせるには3時間かかる


He takes everything for granted too much.
彼はなんでも当然のことだと思い過ぎる


It’s up to her whether she will take the offer.
彼女がその申し出を受けるかどうかは彼女次第だ


クイズ
動詞の持つ役割をイメージしながら、それぞれの意味を表すフレーズを組み合わせてみよう。

単語側 和訳側
(1)get it across
(2)take action
(3)get going
(4)take into account
(5)get ready
(6)take back
(7)get it done
(8)take public
(9)get it straight
(10)take it to the limit
A 行動を起こす
B 理解させる
C 限界まで追い込む
D 準備する
E 上場させる
F はっきりさせる
G 考慮する
H 始める
I 取り戻す
J 済ませる

答え
(1)B (2)A (3)H (4)G (5)D (6)I (7)J (8)E (9)F (10)C

giveとmakeの役割をイメージしよう

(3)give 誰かに何かを与える

誰かに何かを与える」のがgive。たとえ英文に目的語(与える対象と与える「もの」)がすべて明記されていなくても、イメージとしては必ず対象と「もの」が存在していると考えるべき。また、与える「もの」は、プレゼントなど具体的な物だけに限らず、抽象的な「感情、驚き、現象」などさまざまなものが使われる。

例:

He gave me flowers on St. Valentine’s Day.
バレンタインデーに彼が花をくれた


For her birthday, we decided to give her a surprise.
彼女の誕生日に、われわれはサプライズをしかけることにした


I fell in love with her when she gave me a great smile.
彼女が素晴らしい笑顔を見せてくれて僕は恋に落ちた


We give you three weeks to decide whether to leave the office or not.
会社を辞めるかどうかを決めるまで3週間の猶予を与える


(4)make 強く働きかけ変化させる

makeは「作る」。何かが勝手に作られるわけではなく、「自分、またはそれ以外の力が働きかけて作る」のがこの単語のイメージ。たとえば「予約を取る、決断を下す、金を稼ぐ、時間を作る、職業につく」など、それぞれ働きかけ、時には少し頑張って、変化をもたらすことがmakeということを覚えておこう。

例:

She was proud of her son for making a lot of money.
彼女は息子がたくさんお金を稼いだことを誇りに思っていた


Will you call the restaurant and make a reservation for two?
レストランに電話をして2人分の予約を取ってもらえますか?


He has already made a decision not to go back.
彼はすでに決断を下した。後戻りはしない


They will make a wonderful couple.
2人は素晴らしいカップルになるだろう


クイズ
動詞の持つ役割をイメージしながら、それぞれの意味を表すフレーズを組み合わせてみよう。

単語側 和訳側
(1)give it a go
(2)make do
(3)give it a twist
(4)make away
(5)give away
(6)make it happen
(7)give birth
(8)make believe
(9)give in
(10)make over
A 作り直す
B やりくりする
C ふりをする、見せかける
D 工夫をこらす
E 急いで去る
F 実現させる
G 出産する
H 試す
I 屈する、降参する
J 寄付する

答え
(1)H (2)B (3)D (4)E (5)J (6)F (7)G (8)C (9)I (10)A



  1. 1
  2. 2
  3. 3
この記事の評価
現在の総合評価(15人の評価)
4.6
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この記事に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

コラムニスト・プロフィール

伊東 裕子いとう ゆうこ

1972年愛媛県生まれ。早稲田大学卒業後、株式会社アルクにて月刊誌『English Journal』の編集に携わった後、フルブライト奨学生としてボストン大学院プリント・ジャーナリズム学科修 ...

プロフィール詳細



バックナンバー一覧を見る


Copyright ©NEC Corporation 1994-2017. All rights reserved.