1. ホーム
  2. スキル・キャリア
  3. 診断・検定
  4. 大人の気配り力検定
  5. 第5回

大人の気配り力検定【PC限定】 第5回大人の気配り力検定「一歩先を見て行動する」

石原 壮一郎2013年10月04日
「大人の気配り力検定」の第5回目は、「一歩先を見て行動する」。人間関係を円滑に保ったり、無用のトラブルを避けたりするために必要なのは、相手の出方を予想したり、自分の発言がどう受け止められるかを想像したりすること。そもそも他人は、自分の思い通りに動いてはくれません。一歩先の状況に気を配ることで、ストレスを減らして、大人としての余裕を獲得しましょう。設問は4問。さて、あなたの「大人の気配り力」はいかほど?

問1

新年会の幹事を任されたあなた。ドタキャンが多い先輩が、当日ギリギリになって「今日の夜、ちょっと行けそうにないんだ」と言ってきた。予想していた通りだが、どう答える?

問2

次世代のプロジェクトを育てるといった趣旨の会議の席。上司が「どんどん新しい提案を出してくれ」と呼びかけている。あたためてきた企画を発表するチャンスだが、望ましい口火の切り方は?

問3

いっしょに暮らしている恋人は、ゴミをきちんとゴミ箱に捨てずに、机の上などに放置するクセがある。見るたびにイライラするが、直してもらうにはどんなふうに言えばいい?

問4

友だちと会話をしていたら、相手が戸惑いながら「うーんと、その漢字△△って読むんだよ」と覚え違いを指摘してくれた。一瞬気まずいムードが流れたが、さて、なんて返す?

アジサカコウジイラストレーター

長崎県佐世保市出身。熊本大学文学部社会学科卒業後、渡仏。パリに住み服飾関係のバイトなどをしながら独学で絵の修行をする。4年の滞在ののち帰国、福岡に居をかまえイラストレーターとしての活動をはじめる。10年後の2002年、ベルギーへ活動拠点を移すとともに、アクリル画の個展をはじめるようになる。以後、ブリュッセル、パリ、日本の各地で毎年個展を開催。2006年に帰国。現在は九州を拠点にイラストと絵画の制作に励む。

リンクアジサカコウジウェブサイト

この記事の評価
現在の総合評価(6人の評価)
3.0
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この記事に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

コラムニスト・プロフィール

石原 壮一郎いしはら そういちろう

1963年三重県松阪市生まれ。コラムニスト。埼玉大学教養学部卒。雑誌編集者を経て、1993年に『大人養成講座』(扶桑社)でデビュー。世に「大人」の新しい概念と奥深さを知らしめた。以後、独特 ...

プロフィール詳細

この記事を読んだあなたにオススメの記事
関連するビジネス用語
バックナンバー一覧を見る


Copyright ©NEC Corporation 1994-2017. All rights reserved.