1. ホーム
  2. スキル・キャリア
  3. 診断・検定
  4. 大人の気配り力検定
  5. 第4回

大人の気配り力検定【PC限定】 第4回大人の気配り力検定「角を立てず上手に断る」

石原 壮一郎2013年09月06日
「大人の気配り力検定」の第4回目は、「角を立てず上手に断る」。 仕事でも日常生活でも、いろんな理由で「NO」を伝えなければならないケースはよくあります。相手が望む反応ではないだけに、言い方を間違えると関係が悪化してしまうことも。そんな事故を防ぎつつ、大人の礼儀や配慮を発揮した断わり方で相手を唸らせて、むしろさらにいい関係を築いてしまいましょう。 設問は4問。さて、あなたの「大人の気配り力」はいかほど?

問1

打ち合わせが昼ごろに終わったので、取引先の担当者とランチをすることに。「うまい寿司屋があるんですよ」と誘ってくれたが、生魚が苦手なので、できれば避けたい。適切な断り方は?

問2

得意先で新規の取引きについて話し合っているときに、先方が強引な値下げの要求をしてきた。とても呑めない内容だが、お世話になっているので関係を壊したくはない。どう答える?

問3

最近知り合った異性から告白された。相手のことは嫌いではないし、恋人がいるわけでもないが、今すぐ付き合う気にはなれない。関係は切らないようにしつつ、どう断りを入れる?

問4

向かいの席の同僚は、健康オタク。うっかり「疲れた」とひとり言をつぶやこうものなら、「すごくいいサプリメントがあるよ」としつこく勧めてくる。どう言って断ればいい?

アジサカコウジイラストレーター

長崎県佐世保市出身。熊本大学文学部社会学科卒業後、渡仏。パリに住み服飾関係のバイトなどをしながら独学で絵の修行をする。4年の滞在ののち帰国、福岡に居をかまえイラストレーターとしての活動をはじめる。10年後の2002年、ベルギーへ活動拠点を移すとともに、アクリル画の個展をはじめるようになる。以後、ブリュッセル、パリ、日本の各地で毎年個展を開催。2006年に帰国。現在は九州を拠点にイラストと絵画の制作に励む。

リンクアジサカコウジウェブサイト

この記事の評価
現在の総合評価(8人の評価)
3.2
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この記事に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

  • どっさんさん

    まだまだ 

    2013年09月06日 16:05

コラムニスト・プロフィール

石原 壮一郎いしはら そういちろう

1963年三重県松阪市生まれ。コラムニスト。埼玉大学教養学部卒。雑誌編集者を経て、1993年に『大人養成講座』(扶桑社)でデビュー。世に「大人」の新しい概念と奥深さを知らしめた。以後、独特 ...

プロフィール詳細

この記事を読んだあなたにオススメの記事
関連するビジネス用語
バックナンバー一覧を見る


Copyright ©NEC Corporation 1994-2017. All rights reserved.