1. ホーム
  2. スキル・キャリア
  3. 診断・検定
  4. 大人の気配り力検定
  5. 第1回

大人の気配り力検定【PC限定】 第1回大人の気配り力検定「気持ちよく行動してもらう」

石原 壮一郎2013年07月05日
大人力検定第6弾は〈大人の気配り力検定〉を実施します。大人の気配り力――それはお互いが気持ちよく、円滑に物事を進める上で欠かせない力のこと。相手の考えや立場を尊重することは、自分をきちんと主張したり気にかけてもらったりする第一歩でもあります。空回りや独りよがりにならない、スマートな気の配り方のコツを会得しましょう。 第1回の今回は「気持ちよく行動してもらう」。設問は4問。さて、あなたの「大人の気配り力」はいかほど?

問1

納期が迫った仕事をいくつも抱えているのに、上司からまた新たに急ぎの資料作成を頼まれた。手の空いていそうな同僚にお願いしようと思うが、どう言って頼むのがベストか?

問2

部署の仲間で飲みに行ったところ、今期からグループリーダーになった年若いBさんが自腹でごちそうしてくれた。ありがたい半面、Bさんの懐具合が心配である。望ましい感謝の示し方は?

問3

若手が集まって緊急プロジェクトが立ち上がった。リーダーを決めることになったが、立候補者はいない。しかし、隣の席の目立ちたがりのHがそわそわしている。どうする?

問4

夫婦で泊まりで出かける用事ができたので、6歳と4歳の子どもを実家の両親に預けようと思う。しかし、母親は孫の世話を頼むとあまりいい顔をしない。どう言って頼めばいいか?

アジサカコウジイラストレーター

長崎県佐世保市出身。熊本大学文学部社会学科卒業後、渡仏。パリに住み服飾関係のバイトなどをしながら独学で絵の修行をする。4年の滞在ののち帰国、福岡に居をかまえイラストレーターとしての活動をはじめる。10年後の2002年、ベルギーへ活動拠点を移すとともに、アクリル画の個展をはじめるようになる。以後、ブリュッセル、パリ、日本の各地で毎年個展を開催。2006年に帰国。現在は九州を拠点にイラストと絵画の制作に励む。

リンクアジサカコウジウェブサイト

この記事の評価
現在の総合評価(22人の評価)
3.6
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この記事に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

コラムニスト・プロフィール

石原 壮一郎いしはら そういちろう

1963年三重県松阪市生まれ。コラムニスト。埼玉大学教養学部卒。雑誌編集者を経て、1993年に『大人養成講座』(扶桑社)でデビュー。世に「大人」の新しい概念と奥深さを知らしめた。以後、独特 ...

プロフィール詳細

この記事を読んだあなたにオススメの記事
関連するビジネス用語


Copyright ©NEC Corporation 1994-2017. All rights reserved.