1. ホーム
  2. マネジメント
  3. インタビュー
  4. SAMURAI佐藤悦子流”夢を形にするマネジメント術”
  5. 第6回

SAMURAI佐藤悦子流“夢を形にするマネジメント術” 第6回 “本気であること”が、目指す道を切り開いてくれる

マネジメント 佐藤 悦子 2011年08月22日

本気で取り組んだものしか身に付かない

 釣り、農作業、宝塚鑑賞、そしてお茶のお稽古。さまざまな趣味を通じて得られる感動や発見が、プライベートの充実はもちろんのこと、仕事にも大きな活力になり、刺激にもなっているという佐藤悦子氏。ウィークデーは忙しく働きながらも、アフター5や休日は趣味に時間を費やしている人は珍しくはない。ただし、趣味を単なる楽しみに留まらせることなく、仕事を含め、人生の糧にまで昇華できているケースはさほど多くないのではないか。その秘訣は、いったいどこにあるのだろう。

 「意識して考えたことはありませんが、まずは本物に出会うことでしょうか。趣味であれ何であれ、本物にしか人の心を動かすことはできない。私はそう思っています。お茶にしても、最初にあれだけ本格的ですばらしい茶事に出席させていただいていなければ、自分もその世界がわかるようになりたいと思うほど魅了されることはなかっただろうと思います。

 そして、やるとなったら本気で取り組む。本気で何かと向き合えば、きっと感動なり発見なりがあるのではないかと思います。それに気づけないとしたら、もしかしたら“本気度”が足りないのかもしれません。本気で取り組んだものしか身に付かない。これも、いつも私が感じていることです。

 趣味に限らず、仕事でも同じですね。現在、さまざまな業界でご活躍を続けていらっしゃる方々とお仕事をさせていただいていますが、常に感じるのは、みなさんが目の前の仕事に本気で、真摯に取り組んでいるということ。本気で取り組んでいるからこそ、すばらしい結果を出せるのだと思いますし、いっしょに仕事をする人たちの共感も得られ、相手から同じ本気度を引き出して、より大きなものへと発展するのではないでしょうか。

 ……本気度って、周囲に伝わるものではないかと思います。ずいぶん前の話ですが、海外でボディボードを楽しんでいた時のこと。ボードにのって波を待っていた際、近くで同じく波待ちをしていた外国人の方が、こちらに向かってくる波を見て『This is Your’s!』と叫んだのです。私自身も、なぜだか『あの波に乗ろう! あれは私が乗る波だ!』という確信があったのですが、それが彼にも伝わったのでしょうね。その時実感したのです、“本気の状態”は、きっと周囲にもわかるものなのだと」

このコンテンツをご利用いただくには、NEC ID登録が必要です。

ログイン

NEC ID登録

NEC ID(無料)にご登録いただくと、プレゼント応募やセミナー申込みなどの特典サービスがご利用いただけます。この機会にぜひ、NEC IDにご登録ください!

wisdomとは?

この記事の評価
現在の総合評価(4人の評価)
4.5
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この記事に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

コラムニスト・プロフィール

佐藤 悦子さとう えつこ

マネージャーと言うと、秘書のような存在をイメージする方もいれば、プロデューサー的な仕事を想像する方もいらっしゃると思います。私がやっているのは、クリエイティブなプロジェクトをマネジメントす ...

プロフィール詳細



バックナンバー一覧を見る


Copyright ©NEC Corporation 1994-2017. All rights reserved.