1. ホーム
  2. Link People, Link Business
  3. Link Place
  4. 第3回

IT風土記 第3回 愛媛発、ICTで水産業活性化、現場で使えるものこそ最新

2016年04月27日

 愛媛県の南西部、太平洋の黒潮の恵み豊かな愛南町は古来から水産業の盛んな町だ。だが1982年に400億円あった漁業生産高は2009年には260億円に落ち込んだ。漁獲高だけではない。全国の水産業と同様、燃料や飼料の価格高騰や後継者不足など取り巻く環境は厳しい。そこでICTを導入し必要な情報を関係者が共有することで効率化を図った。その試みと成果は―。


水揚げされたマダイ

〝ここにしかない産業〟を活性化

 愛南町は2004年10月、南宇和郡内の5つの町村が合併して誕生した愛媛県最南端の自然豊かな町だ。だが、合併にともなう民間企業の撤退や少子高齢化の影響などで町の人口は約2万3000人。合併当初より約5700人減った。就労機会がなくては地域の経済が疲弊し過疎化が進んでしまう。

 そこで愛南町は「昔からある、ここにしかない産業を活性化しよう」と考えた。水産業だ。カツオなどの1本釣り、漁船漁業、貝類・魚類養殖が3本柱で、なかでも海中に生け簀を設ける魚類養殖ではマダイが全国2位、カンパチは5位、ブリも7位の生産量を誇る。

 2008年、総務省の市町村活性化施策の一環で町内に愛媛大学との連携で南予水産研究センターができた。研究チームから町に提案があった。「毎日、漁協から海水温などの水域情報をFAXで送ってもらっているが、紙のデータは整理が難しい。魚の病気の検査をしたくても、過去のデータを一部しか管理できていない。もったいない。ICTを活用すればもっと便利になるのでは」

 愛南町水産課の浦崎慎太郎水産振興係長は「もっともだ」と思った。折しも、総務省の交付金プロジェクトの案内が届いた。そこで町の養殖業者が直面している赤潮や魚病の被害を軽減するため、海水の温度・塩分濃度などの水域情報や魚病の観測・診断結果をネットワークで配信し、さらに、ホームページを通じて消費者や小学生向けに魚の食育情報も発信するシステムを考えた。「愛南町次世代型水産業振興ネットワークシステム」と命名され2010年度に全体で約5000万円の交付金を得て、2011年度から本格的に運用されることとなった。水域情報可視化システム、魚健康カルテシステム、水産業振興ネットワークシステムの3本柱で構築される本システムは、2015年3月に地域情報化大賞奨励賞を受賞した。


愛南町水産課の浦崎慎太郎係長



  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

産経デジタル SankeiBiz編集部
(株)産経デジタルが運営するSankeiBiz(サンケイビズ)は、経済紙「フジサンケイビジネスアイ」をはじめ、産経新聞グループが持つ経済分野の取材網を融合させた総合経済情報サイト。さまざまなビジネスシーンを刺激するニュースが、即時無料で手に入るサイトです。

この記事の評価
現在の総合評価(80人の評価)
3.9
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この記事に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

  • 夕焼け空さん

    まだまた適用範囲が広がりそうで、
    人の経験やカンとシステムによる解析がうまく結びつけられそうで、
    今後が楽しみです。

    2016年05月25日 18:58

  • なにわのオッサンさん

    地域産業の衰退、過疎化が進んでいる自治体に大いに参考にしてもらいたい。

    2016年05月25日 14:29

  • keisinさん

    気になっているのが鰹の養殖です。

    2016年05月25日 12:11

  • 巨人さん

    漁業ソリューションの検討する際の参考になりました。
    赤潮の発生は自然現象で、防止するのは現段階では不可能なので、発生の予兆を海水のプラクトン濃度を自動計測して予知し、事前に対策の準備ができるような製品づくりなどアイデアがわいてくるような興味ある記事でした。

    2016年05月25日 11:47

  • ヒデさん

    発想がすばらしい取り組みだと思います。

    2016年05月25日 10:31

  • MARMさん

    地方活性化よくわかり、とても素晴らしい

    2016年05月25日 09:51

  • ICE-MANさん

    ITを使う人材の力量教育も難しいので、その方面の教育訓練も記載して頂くと助かります。

    2016年05月25日 03:44

  • たかたかさん

    地方の良さと可能性がよくわかりますね

    2016年05月24日 22:51

  • じゅんにーさん

    いつも楽しく見ています!

    2016年05月24日 21:07

  • tbloodさん

    漁業とITは相容れないものと思っていました。
    こんな分野にITが活用されていることに驚きました。

    2016年05月24日 19:28

  • Mojiさん

    漁業における課題を予防と言う発想で、ICTを活用したBestマッチな例ですね

    2016年05月24日 16:55

  • choikawaさん

    これから楽しみです

    2016年05月24日 16:19

  • ssパパさん

    最新の漁業とはこんなに進化しているのかと感心するとともに驚きました

    2016年05月24日 15:15

  • 湘南のおじいちゃんさん

    海産物の安定的供給において、水産養殖業はとても大切な役割を果たしているように思います。

    2016年05月24日 14:59

  • いのちゃんさん

    ICTは学校教育現場でも急速に普及してきていますが、まだ効果的・効率的な使用方法等については、研修・開発の余地が多分にあります。まさに「現場で使える」がキーワードです。

    2016年05月24日 14:00

  • くるまさん

    ICTで地域活性化、いいですね。

    2016年05月24日 13:21

  • ゆきしろさん

    地域活性化の取り組みがとてもすばらしいです

    2016年05月24日 10:27

  • maxさん

    地域活性化のお手本ですね。今後にも期待いたします。

    2016年05月24日 08:47

  • jkさん

    ICTの活躍できる分野と考えます。

    2016年05月24日 08:31

  • しんさん

    地域活性これからどんどん加速するでしょう 私の実家も直面している問題です。

    2016年05月24日 08:16

  • take3さん

    デザインも良く、売れる!町おこしに役立つ。

    2016年05月24日 04:57

  • クーちゃんさん

    先日、今治タオルのハンカチを購入しました。手触りの良さにうっとりしました。

    2016年05月24日 00:21

  • ばりーさんに会いたいさん

    2年前、今治を訪れました。 潮の流れが速いところでも、赤潮の被害が大きいのですね。 温暖化も影響しているのでしょうか。 ICTを直接的に産業に利用するのはもちろんですが、地域、地球環境のモノサシとなるデータを共有し、対応について考えられると良いですね。

    2016年05月23日 23:41

  • カンタンサルさん

    素晴らしい。この一言だけしか発せないね。こんな素晴らしいものが額に入れて飾りたいね。ぜひはいけんしたいです。

    2016年05月23日 22:29

  • ひでさん

    水温・水質等の管理に対する様々な努力に感動。

    2016年05月23日 21:19

  • daidaiさん

    補助金が役に立つことがあるのですね。

    地域にフィットした形でのICTとすべてを自動化していないからうまくいっていると思います。

    2016年05月23日 20:15

  • ExpOchiさん

    水産業・農業のIT(ICT)化は、現場とIT(ICT)技術者の共同作業が重要だと感じています。
    ”勘所”の蓄積や分析には多くの時間を要すると思いますが、次世代への技術継承も含め、思いを同じにした関係者の皆さまのご苦労がより良い結果に繋がるものと信じております。

    2016年05月23日 18:22

  • 厚木のくまさんさん

    水産業はどのような水域の水で育った製品かがとても重要だと思います。たとえばエビの養殖ではその水に対する漠とした不安が安全を望む消費者に内在しながらも購買している事に対する見える化に少しは役立つかもしれません。
    こうしたデータがオホーツクや瀬戸内海での豊かさの何が違うのか少しでも判ってくると面白いと思います。

    2016年05月23日 17:46

  • 孫一筋さん

    主人の夏季連続休暇でよく四国にわたりました。その際すぐに通る町が今治。学生のころ、タオルの町でなじみがあり何かしら懐かしい思いをしました。漁業が盛んというのは当然だったのですね。

    2016年05月23日 17:42

  • SI59さん

    自然を相手にするという事は難しい事だと思います。
    昔は経験豊かな漁師さんの「勘が頼り」だったと思いますが、昨今の資源不足に対応する為には、若い人たちが直ぐに対応出来るシステムの構築は必要不可欠だと思います。
    私達消費者は、生産者の苦労を考えず、安くて新鮮な物の提供を望んでいます。
    生産に携わる皆さまの今後益々のご発展を祈念致します。

    2016年05月23日 17:06



バックナンバー一覧を見る


Copyright ©NEC Corporation 1994-2018. All rights reserved.