1. ホーム
  2. ライフ・カルチャー
  3. 紀行コラム
  4. 写真紀行 ベルギー逍遥
  5. 第24回

写真紀行 ベルギー逍遥 第24回 3月 大都会の故郷(ブリュッセル)

ライフ・カルチャー 金子 晴彦 2008年03月17日

 ぼくが子供の頃住んでいた世田谷の外れには森や田んぼがいくらでも有った。しかし、今では住宅が密集し、かつての痕跡は坂道の上下くらいにしか残っていない。最早故郷などとはとても言えない。

 人口の移動が少ないせいかブリュッセルではそうした森や畑は過去そのままに残っている。森では一本一本の木が登録され管理されている。

 毎朝犬と散歩に来る老人にしてみれば、そこは子供の頃に遊んだ場所であり、今又、ゆっくりと憩う場所でもある。大都会でありながらそこは故郷として意識出来る。こうして個々人の歴史が積み重ねられて初めて伝統は引き継がれてゆく。

この記事の評価
現在の総合評価(0人の評価)
0.0
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この記事に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

コラムニスト・プロフィール

金子 晴彦かねこ はるひこ

 1995年から香港に4年駐在し、ビクトリアピーク中腹のコンダット通りに住んだ。海辺から続く高層ビル群の大都会はそこまでで、その上にはジャングルに覆われた急峻な山肌がのしかかるように伸び上 ...

プロフィール詳細



バックナンバー一覧を見る


Copyright ©NEC Corporation 1994-2017. All rights reserved.