1. ホーム
  2. ビジネス用語辞典
  3. SaaS

5分で分かるキーワード解説 SaaS

ビジネス用語辞典2012年09月06日
【よみ】
さーす
【英名】
Software as a Service

クラウド・コンピューティングを象徴するサービスとして一般にも浸透してきたSaaS。手元のコンピュータにソフトウェアをインストールする必要がなく、Webブラウザでインターネットに接続すれば誰でも手軽にサービスを利用できる仕組みとして、急激に普及しています。

 SaaSが一般的になる前にも、インターネットを経由したソフトウェア利用環境には、ASP(Application Service Provider)という企業ユーザー向けの業務アプリケーション配信サービスがありました。ASPも初期導入費用が不要で、利用するリソースの容量やユーザー数に応じた従量課金制が適用されます。では、ASPとSaaSはどんな点が異なるのでしょうか。

 SaaSとASPは、提供するサービスの内容やクオリティーにはあまり差がないといわれています。しかしあえて違いを指摘するなら「スケールする(拡張可能性がある)か、スケールしないか」という点に集約されるでしょう。

 次の図を見てください。インターネット経由でユーザーにソフトウェア利用環境を提供する場合、ユーザーごとにデータベースやサーバーを用意する「シングルテナント」と、仮想化された環境を複数のユーザーで共有する「マルチテナント」があります。マルチテナントの方が個々のユーザーの環境(ユーザー数、容量など)にあわせてカスタマイズしやすく、運用コストやハードウェアコストを抑えやすくなります。

シングルテナントとマルチテナント

 一般的にSaaSでは、マルチテナント形式を採用することがほとんどです。同じハードウェア環境を複数のユーザーで共有するため、コストを大きく抑制できるだけでなく、ユーザーが必要とするコンピューティングリソースを、需要に応じて柔軟に提供できます。使った分だけを支払うという考え方がベースになっているので、SaaSでは従量課金が一般的です。

 ASPで主流のシングルテナント環境はユーザーとコンピューティングリソースが1対1でひも付いているため、マルチテナントのような柔軟性は期待できません。つまり自在に「スケールする」ことが難しいのです。

・マルチテナント環境のセキュリティと利便性

 一方で、複数のユーザーでリソースを共有するマルチテナント環境に対し、セキュリティ面での不安を示す顧客も少なくありません。セキュリティはSaaS事業者にとっても最大の懸念事項でもあり、顧客に対してもっとも説明を必要とする部分でもあります。

 マルチテナント環境で問われるセキュリティにおいて特に重要となるのは、「認証」と「承認」のプロセスです。アプリケーションへのログインを求めているユーザーが本人であるのかを承認し、そのユーザーにひも付いているアクセス権限を認証する必要があります。この認証と承認の仕組みはかなり複雑で、SaaSごとにレベルが異なります。ユーザーはセキュリティが堅牢であることを要求しますが、利用するための手続きが煩雑になることは望みません。セキュリティと利便性、この2つのトレードオフ(どちらかの実現のためにどちらかを犠牲にする)をどのレベルに設定してサービスを提供するのかについては、SaaS事業者とユーザーとの間で交わされるSLA(Service Level Agreement)に基づきます。

 SaaSで提供されるサービスには「Google Apps」「Office 365」などのオフィスアプリケーション、「Salesforce.com」「Microsoft Dynamics CRM Online」などのCRMソフトがあるほか、最近では「SuccessFactors」「Talend」などの人材管理アプリケーションのSaaS提供にも注目が集まっています。また、「SAP ERP」などのERP(Enterprise Resource Planning)環境もまもなくSaaSで本格的に利用可能になるとされています。SaaSへの動きは今後、大企業を中心にますますその動きが広がっていくと期待されています。
 

(2012年9月6日公開)

このコンテンツをご利用いただくには、NEC ID登録が必要です。

NEC ID(無料)にご登録いただくと、プレゼント応募やセミナー申込みなどの特典サービスがご利用いただけます。この機会にぜひ、NEC IDにご登録ください!

wisdomとは?

この用語の評価
現在の総合評価(3人の評価)
3.0
あなたの評価
決定
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。
この用語に対するコメント
  • すべての機能をご利用いただくには、WISDOM会員登録が必要です。

同意して送信する

関連するビジネス用語
50音・英数字から探す
人気のタグから探す


Copyright ©NEC Corporation 1994-2017. All rights reserved.